スマートフォン用風速計アプリの紹介

スマートフォンが風速計になったら便利です。通常、風速計を個人で購入すると数万かかりますが、アプリを使用すればコストを大幅に抑えることができます。必要なのは、風を感知する専用羽やその類似品です。これを、スマートフォンのイヤホンジャックに挿して使用します。小型なので、幅をとりません。製品は格安で比較的簡単な構造をしています。ケーブルは使わずに済みます。安定感があって、使用感は抜群です。あとは、アプリをダウンロードします。これで、ポータブル風速計の完成です。風の強さと、風向きを観測することができます。また、最大風速や平均風速も計算してくれるので便利です。風速だけでなく、気温や湿度をはかることができるタイプもあります。計測結果を共有することも可能です。

スマートフォン用風速計のしくみ

風を感知する専用羽のような製品はいくつかありますが、構造は簡単にできているものが多くあります。回転子にふたつの磁石がついているのです。そして、回転によって生じる磁界の変化をスマートフォンによって計測します。計測方法は、音声処理につかうアルゴリズムを、風速の情報に翻訳するのです。音声を処理するアルゴリズムは数学的には複雑ですが、機械的にいえばとてもシンプルな原理です。磁界センサーが付いている比較的新しいスマートフォンであれば、ほとんどの種類で使用が可能になっています。風速を知る必要があれば、いつでも誰でも使うことができます。海外の大学で風洞実験も行われているので信頼性があります。その精度は、確かなものといえます。すばらしい発想のあるデバイスで、利用者も増加しています。

多岐にわたる使用方法とその例について

様々なシーンでの利用が期待できます。ウインドサーフィンやパラグライダーなど、アウトドアなアクティブ層に使用されることもあります。電子回路などの電子部品を使っていないので、屋外での使用も大丈夫なのです。スマートフォンは防水タイプもありますし、防水仕様のカバーもあります。ゴルフといった、風に敏感なスポーツにも役立つものです。その利用シーンは多くあるといえます。個人でヨットや船に乗る人も、非常に頼りになるものです。また、模型飛行機を飛ばす際にも、風の向きや強さは大切な情報です。これらに関わる多くのひとは、かねてからこのようなアプリを求めていました。そして、仲間などに風の情報を共有することができれば、皆が風速を観測する必要はありません。このように、その技術も日々進歩しているのです。

温湿度センサーは家庭用としても普及しております。 新製品情報を随時更新しております。 大震災以降、新エネルギー対策として、太陽光発電が増加傾向にあり、太陽光発電計測システム向けもご紹介しています。 みんなで地球温暖化を止めるためにフィールドプロは、挑戦し続けます。 気象・放射観測システムでは、風向風速・温湿度プロファイル・日射(上下)、積雪を太陽電池のみでモンゴルで観測を行っています。 風速計をお選びなら気象観測システムのフィールドプロ