スマートフォン用風速計アプリの精度

ウインドサーフィンやカイトサーフィン、ドローンを利用する時風速計を使うと便利です。これは現在の風向きを確認できる以外に風速の測定や平均風速も測定できるすぐれものとなっています。また気温を測定した後に記録する事もできるので使い勝手の良い商品と言えるでしょう。近年はスマートフォン用の風速計が登場しているので従来よりも簡単に測定できるようになっています。余計な改造をする必要がなく専用機器を本体に取り付け、専用アプリをインストールすることで利用可能です。しかしスマートフォン用の風速計は各アプリによって精度が違っています。せっかく使うのだから正確な精度を測定できるものがよいでしょう。今回は優れた精度を持っているおすすめのアプリについて紹介します。

誤差が少なく初心者でも使いやすいアプリが良い

市販されている風速計はアプリと本体がセットになっています。中でもおすすめなのが計測地点のライブマップを作ることができる商品です。また観測結果をSNSサイトにシェアできる機能も搭載しているアプリは使い勝手が良いといえるでしょう。基本的に秒速どれくらいの範囲でどれくらいの誤差が生じるのかを重視して購入します。誤差範囲が小さければ、より正確に測定できるのです。初心者におすすめなのはリアルタイムのチュートリアルが付いているアプリであって、スマートフォン画面に表示されます。正確に測定するためのアシストをしてくれるので使い慣れていない人でも安心です。同じ機器を使用しているユーザーが測定を擦ればライブマップに表示されるので、いちいち場所を測定し直す必要もありません。

基本的に有料のアプリは精度が高い

精度の高いアプリを求めているのなら環境も配慮する必要があります。周辺のノイズがあれば若干誤差が生じてしまうのでノイズカット機能を持っているアプリがおすすめです。またノイズカットをスマートフォン画面で設定できるところも魅力となっています。持ち方も重要で余り動かしたりすると正確に測定できないものもあるのです。そこでスマートフォンを固定する器具を用意し、これに取り付けて測定すればよいといえます。基本的に無料のアプリが多いですが、やはり精度の高いものは有料のアプリ中心です。しかし販売価格は100円程度からなのでほとんどコストも掛かりません。まずは無料のアプリから試してみて、その後有料のアプリを購入すると良いでしょう。そうすれば精度の違いがはっきりとわかります。